フィンジアの副作用について徹底的に解析しました

今や圧倒的に効果が期待できるフィンジア

そしていざ購入しようとした際に気になるのが、フィンジアは副作用があるのか?ですよね。

私自身、数多くの育毛剤を調べてきて思ったことは、効果は期待できるけど、副作用の危険性があるということです。

なので、フィンジアもそうなのかなと先入観で決めてしまっていました。

ですが、それは違いました。その真相についてこの記事では書いていますので、是非参考にしてくださいね^^

 

フィンジアに副作用はあるのか?


まず初めに結論から言いますが、フィンジアは医薬品、医薬部外品、化粧品の分類の中では、

化粧品に分類されます。

なので、化粧品というのは、医薬部外品と比較しても、効果が緩和で清潔にする、魅力が増す、美化する、健やかに保つなどの目的で使用されるたまに、

副作用の可能性については極めて低くなっています。

↑そのために、副作用が少なくて、緩やかな効果が期待できる育毛剤をさがしている方にはおすすめな商品になっているんです。

 

成分からも危険な成分は配合されていないのか?


フィンジアの全成分については下記になっています。


エタノール、水、BG、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドアセチルテトラペプチド-3、アカツメクサエキス、パンテノール、センブリエキス、ビワ葉エキス、褐藻エキス、グリチルレチン酸2K、トウガラシ果実エキス、ボタンエキス、フユボダイジュ花エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、ヒオウギエキス、キハダ樹皮エキス、メントール、グリセリン、クエン酸Na、クエン酸、デキストラン、PEG-40水添ヒマシ油、ラウラミンオキシド、フェノキシエタノール


↑フィンジアの全成分については、他の育毛剤と比べてもすこし少ないのが特徴になっています。

全25種類の成分が配合されています。

この中でも、有名な成分については、

①ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドという正式名称でピディオキシジル

②アセチルテトラペプチド-3で別名キャピキシル

③トウガラシ果実エキス成分のカプサイシン


↑これら3つの成分がフィンジアの主力の成分になっていますが、

これらの成分に関しても副作用のあったという口コミはほとんどありません。

 

個人差があってアルコールで赤く腫れる方もいるかもしれませんが、これは体質なので副作用ではありません。

↑なので、事前に使用する場合はパッチテストを必ず行うようにしましょうね。

 

以上、フィンジアの副作用についてまとめました。

副作用については限りなく低くなっているので安心して使用できるかと思います。

 

気になったかたは、フィンジアで頭皮ケアしてみてはいかがでしょうか。^^

 

 

●おすすめ記事

フィンジアの口コミのまとめ|良い悪いに秘められた謎について